忍者ブログ
ADMINWRITE
真田 月狸(サナダ ゲツリ)略してシンゲツのブログですよー。まぁ、いろいろ。
[34]  [33]  [32]  [31]  [29]  [28]  [27]  [25]  [24]  [23]  [22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

VIPで結構前に便乗してやった犬耳娘の恩返しです。
タイトルもまんまなんですが。




「イヌミミムスメの恩返し」





「私を飼ってくれませんか?」

そう言って現れたのはいかにも大正な伊織袴のお姉さんだった。

 

 


 


「あー、ヒマー・・・・・・」

俺の名前は梶浦 祐樹。
健全な一人暮らしの大学生だったりする。
ちなみに今は平日の昼間。

「あ、クソ、もう玉ねえ・・・・・・今日だけで三万スッてるぞ・・・」

もう一度言おう。俺の名前は梶浦 祐樹。
『健全な』獣医学部の大学生だ。

「・・・・・・・あと半万もつっこみゃきっと当たりくるよな・・・・・・」

こういう場面であたったことは無いがきっと今度こそ当たるはずなんだから。

「よっし、羽根キタ・・・・・・リーチの、当たりキターーーー!!!」

俺の運かてまだ捨てたもんじゃ・・・・・・・・

「あれ? ・・・単発?」


そんなわけで今日の戦果はこの缶詰一個。
ラベルにはでかでかと松坂牛の文字。
\35000の缶詰ね・・・・・・
そんなことを考えながら川原沿いの土手道に出たところだった。
不意に野太い声と動物の・・・犬?の声が耳に飛び込んできた。

「あっはっは!! 逃げろ逃げろ!!」
「キャンキャン!!」

なんだ・・・・・・あれ? 犬と飼い主のじゃれあいか?
が、一つ疑問に思った。
飼い犬とじゃれるにしちゃあゴツすぎるそいつの手の中のブツ。
・・・・・あいつが持ってるのは・・・・・!?

「はっはっはぁ!! 逃げろ逃げろ犬畜生め、俺の改造を受けその破壊力を上げ、連射性能も格段にアップしたエアガンの威力を・・・・・・・」

今の説明的な台詞で鈍感な俺にもピンときた。
川原で行われているのは、如何にもな虐待であった。
正義とか動物保護とかに興味はない。
ただ、『気に入らない』だけだった。
そこで俺は、土手からその『気に入らない』男に向かって、飛び出した。
しーしーのーひーとーみーがーかーがーやいーてー♪
俺の渾身のキックを受けたその男はちょっと肩がありえない方向に曲がった。

「まぁ、動物いじめるやつだし問題なし」
「問題大ありだ!!」
「はぁ、こんなんただの脱臼じゃねえか。 ちょっと貸せ」

そいつの肩に手をやり押し込む。
ゴキッ

「お、おおおぉ?治った」
「それは良かった。治療費が\5000になります」
「あぁ、はいはい・・・・・・・・・・」

そして、俺は懐に5000円札を収めたあと、そいつを殴って気絶させ。軽い治療をして・・・・・・・・・・・・缶詰をやって帰ってきた。

「やべ、もうバイトの時間だ・・・・・・」

あぁ、苦学生。
ただ、今日を乗り切れば明日は学校もバイトも無い。
それだけが希望だった。

実際バイトを終えて帰ってきた俺は、布団に倒れこむなり眠りに落ちたのだった。

 

ぴーんぽーん♪
そして朝、インターホンがなり、俺は目を覚ました。
まだ眠気の覚め切らない俺は時計を確認した。

「んあーまだ8時・・・・・・だれ? 宅配? 集金? 宗教?」

後の二つならどうでもいい。というかむしろ出たくない。
宅配ならカードか何か置いてってくれるだろう。そう思ってまた俺は眠り始めた。


ぴーんぽーん♪
「ん・・・・・・9時か・・・・まだ寝てよ・・・・・」


ぴーんぽーん♪

「んあー・・・・・11時か・・・・・出るか」

さすがに朝から三回もなっているとなると出ないわけには行かない。

「これで三時間ずっと外で待っててくれた美少女とかだったらいいのに・・・・・・・・・」

 

俺は扉を開けて言葉を失った。
とりあえず頭の中を駆け巡った単語をいくつか。
 馬車道?
 耳?
 尻尾?


そして、そこにいた美少女の口から言葉が発せられた。

「私を飼ってくれませんか?」


「は?」

「私を飼ってくれませんか?」

疑問符を発した俺に律儀に繰り返す彼女。

「えっと、どういうこと?」
「恩返しがしたいんです」

理解もできないままに俺は彼女をじろじろと見る形になってしまう。

顔は、少し幼くて可愛い系・・・・
服装は振袖に、袴?
それに首には、マフラー?
何より不思議なのは、袴から飛び出たふさふさの尻尾と、ふわふわの耳が頭の上に鎮座していたのだから。

「あ、あの・・・・・・?」

じろじろ見ていた俺に不信感を覚えたのか戸惑った感じで訊ねてきた。

「あ、ご、ごめん」
「そ、それで私をここにおいてくださるんですか?」
「ちょ、ちょっと待って、キミは一体何者でなんで俺のところに?」
「あ、申し遅れました。 あなたに昨日助けていただきました犬です」

 


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は?」
「それで私を置いてくださるんですか?」

いかん、思考が停止してしまった。
信用できねえだろ、マヂデ。
鶴の恩返しじゃあるまいし。
あー、そういやあの話で罠仕掛けた人可哀相だよなー勝手に罠にかかった獲物逃がされてー。

「あ、あの・・・・・・?」

あ、っといけねえ、変な思考にハマってたらしいな

「・・・・証拠とか、ある?」
「証拠、ですか・・・・・・」

少し考えてからその少女はマフラーを取った。

「外せないん、です」

そこには、痛々しいほどの錠前をつけられた首輪があった。
幸いにも首は絞まりすぎていないようだったが、首を動かすたびに明らかに苦しいのは目に見えてわかった。
それを見て言葉を失った俺を見て不安になったのか袴の帯に手をかけた。

「ちょ、ちょっと待ってどうするつも・・・・・・」

―ぱさり―

袴を落とし、着物の前をはだけたそこには、無数の傷跡があった。

「・・・・・・・・・・っ!!」
「私はもともとはお母さんのところで暮らしていました。 でも、ある日ご主人様の都合で新しいご主人様に引き取られることになったんです・・・・・・だけど、その人の家に来た次の日、私は捨てられました」
「・・・・・・もう、いい」

あまりにも現実離れした話なのに、俺はもう受け入れていた。
目を反らしたくなるほど凄惨な火傷やおそらくはエアガンで撃たれた痕が生々しすぎたせいか。

「それで、しばらく野良として暮らしていたのですが・・・・・・ある日あの人に拾われて、私は安心しました。 でも、あの人は私に首輪をつけた後、私を・・・」
「もういいって言ってるだろ!!」

 俺が耐え切れなかった。
だから、そんな自分をごまかすように少女を抱きしめた。


どれぐらいそうしていたのか。

不意に、隣の家の扉が開いた。

「あら、梶浦さ・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・若いわねぇ」
「後で説明しますからっ!!」

そう言って俺は少女を家に引き込んだ。
よく考えてみれば、公衆の面前で、半裸の少女を抱きしめていた?

「あ、あの・・・・・・私を飼ってくれ・・・」
「飼わない!! ただ、ただ・・・・・・居候なら許可してやってもいい」
「え?私は犬です。 飼って・・・」
「今の自分の姿知ってるのか?」
「・・・・・・・え?」
「どッからどう見てもひゃくぱー・・・・・・95%くらい人間なんだよ」

5%は耳と尻尾の分。
うん、やっぱりとは思っていたが自分の姿を未だに犬だと思っていたんだな。

「な、何故にっ!?」
「いや、知らんよ。 というかな、そういうわけで・・・服着てくれ・・・」

そんなこんなで気ままな一人暮らしは終わりを告げたのだった。

 

 

 


「とりあえずさ・・・・・・最低限の生活用品はおふくろとか姉貴の遺したものがあるはずだから・・・・・・・お前はそれを・・・・・・」
「えと、ご、ご主人様、私は・・・・」
「あー・・・・・・ご主人様は止めてくれ。 俺は、祐樹。梶浦祐樹」
「は、はい。 えーっと・・・・・・ゆ、祐樹様?」
「・・・・・・・・・様はやめれ」
「じゃあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ゆ、祐樹さんで」
「よし、わかった。・・・・・・・・あー、キミの名前は?」
「えと、生まれてから貰われて・・・・名前を貰う前に捨てられてしまって・・・・あ、あの人からは『マト』って呼ばれてました」
「それ、変えよう。ていうか名前じゃない」

今更ながらあのやろうにまた怒りが沸いてきやがったぞ・・・・・・・・・・・・

「俺が考えるから」
「あ、はい♪」

・・・・・・たったそれだけのことなのにそんなに嬉しそうにするのか。

さて、どうしたもんかな・・・・・・・・・・

 

 

とりあえず部屋の説明をして少女をその部屋に案内した。

そして俺は自室に戻り、名前を考えた。

ふっと、机の上の写真が目に入った。

「瑠璃姉・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

「おーい、起きろー」

名前を決めて部屋を訪れると少女はベッドの上で丸くなって眠っていた。

「おーい」

起きる気配が無いのはどうしたものか・・・・・・
と、「んんぅ・・・・・」といううめきと共にそのミミがぴくっと反応した。
そして俺の手は欲望のままに・・・・・・・・・・


そのふさふさの耳に伸びていった。
指先が触れた瞬間に耳がぴくん、と反応する。
そしてその手触りについつい、触ってしまい、

もふもふ、もふもふ

「んあっ、ふ、ふぁっ」

もふもふ、もふもふ

「んっ、ふぁぁっぁっ」

・・・・・・・・・・・これ以上やると俺の鉄壁の理性すら崩壊しそうなので解放する。

「起きろー、起きろー」
「んあぅ・・・・」

そこで少女は薄く目を開ける。
その紅潮した頬はなんですかそれだけでも理性が40%くらい削られてるんですよ残り5%ですよどうしてくれますかというか狙ってやってるのかていうか思考がやばいことになってる落ち着け落ち着けBe Kool私は冷静だBeKoolBeKool・・・・・・・・・・・

よし、落ち着いた。

「起きろー・・・・・『リルカ』ー、起きろー!!」
「あ、はい・・・・・・・・」
「起きたか、『リルカ』」

そこで少女は周りをきょろきょろ見回し、自分以外がいないことを確かめ、そして自分を指差し言った。

「えと、『リルカ』?」
「うん、これからよろしくな、『リルカ』?」
「初めて・・・・名前を貰いました・・・・・・」

そこでその少女―リルカ―はボロボロ涙をこぼしながら笑顔を浮かべた。

「ありがとう、ございますっ・・・!」

 

「とりあえずリルカ、その首輪を外そう」
「?」
「見てるとちょっと苦しいみたいだしな。新しいチョーカー・・・・まぁ、首輪買ってやるよ」
「そ、そんな、悪いです!!」

顔を真っ赤にしながら否定するリルカ。うん、可愛い。

「まぁ、新しい首輪云々は置いといてそれを外そう」
「は、はい・・・・・・」

そう言って俺はリルカの首輪についた錠前を手にとって見る。

「んっ・・・・・・」
「あ、悪い痛かったか?」
「いえ、大丈夫です」

なんとか外したいは外したいが、リルカの首の周りで工具やらを振り回すのはしたくない。
鍵屋に任せようにもさっき電話したところ、ウチの近くの鍵屋は三日後まで休みだそうだ。

「じゃぁ・・・・・・」

どちらにしろこの首輪はリルカの首を絞めてるんだ。
とりあえずは首輪の革を伸ばして首を絞まらないようにしよう。

・・・・・・革、だよなこの首輪。革を延ばすってどうするんだ?

「・・・・・・・リルカ、ちょっと出かけようか」
「え?」
「色々と買っておこう」
「はい♪」

うれしそうに尻尾を振って玄関へと向かうリルカ。
・・・・・・・その格好で行くの?

「・・・・・・・・リルカ、着替えないか?」
「はいはい?」
「あー、姉貴の服があるからそれとか・・・・・」
「あ。あの、祐樹さん・・・・・・人の服ってどうやって着るんですか?」

・・・・・・・・・・・・・・そこからですか、リルカさん?

「祐樹さんが着せてくださいますか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・姉さん、俺はどうしたらいいので?

「あー・・・・・じゃ、じゃあいいや、一緒に服買ってそ、それを着ようか」
「わかりました、では行きましょう」

リルカはそう言って玄関へと向かった。俺はある物を持って先に玄関へと向かったリルカを追いかけた。

「リルカ、これ」

そう言いながらマフラーをかけてやる。

「それと、これもな」
「うきゅ!あ、あの・・・・・・・これ、ミミが痛いです・・・・・・」

そう、俺がかけてやったのは帽子。
ただ、ミミが少し押しつぶされるのでリルカはお気に召さないようで・・・・・・・・
どうしよう、耳付き少女を連れて歩けば俺の近所での信用は・・・・・・・・ど う し よ う ?

 

 

「祐樹さん、痛いです・・・・・・」

リルカの涙目はウルウルしている。こすれるのがそんなに痛いんだろうか・・・・・・・
俺のコツコツ積み上げたご近所信用・・・・・・・・さらば!!

「・・・・・・痛いなら、帽子は無しで行こう。」

もしくは、耳が痛くないような帽子を探さなきゃな。
俺の世間体のためにも。
俺が先に外へ出て待っているとリルカは周りを気にしながらキョロキョロとしながら出てきた。

「あ、あの、祐樹さん、・・・・・・リードとかつけないんですか?」
「りーど、って・・・・・・・ヒモ?」
「ハ、ハイ・・・つながないんですか?」

リルカがつながれている様子を想像してみる・・・・・・・・
そにゃどこぞの方みたいな趣味はございません。

「リルカさん、今のご自分の姿を認識してください。 人間の姿ですね?よって私は君を繋がない。 さ、行くか」
「は、はい・・・・・・」

多少気圧されたようなリルカを引き連れて玄関を出る。
とりあえず後で外見に相応な常識を叩き込んでおかねばなるまい。
そんなコトを考えながら、リルカの手を握って町へ出た。

これからの波乱万丈の日々を描きながら。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
続きwktk
NONAME 2008/06/26(Thu)01:23:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
真田 月狸
性別:
非公開
自己紹介:
タイトルをクリックすると創作物に飛ぶことができます。



「まじかる☆れっさー♪」

まじれす概要 第一話 第二話    第四話 第五話 第六話 第七話NEW!!


「イヌミミムスメの恩返し」

第一話 第二話



コードネームC.C.



Hark Hamony's Harmonika




カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[12/22 匿名さん]
[12/22 匿名さん]
[12/22 匿名さん]
[12/17 こばやし]
[11/14 NONAME]
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ シンゲツ譚 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]